2017年08月19日

ウミガメの放流

8月19日(土)夕方に,近くの竹崎海岸から,今朝に孵化したばかりの「ウミガメ」を放流しました。今回は例年より遅めの6月下旬に,148個の卵たちを孵化場に埋めて,毎日みんなで観察してきました。

予定では2学期の始めに孵化させて,留学生のみんなと放流するはずでしたが,暑い日が続いたからでしょうか,予想外に早い孵化にみんな驚き,海へ放流するための準備で今朝からとても慌てました。

0819_001.jpg

竹崎海岸には子供たちや保護者の方々が集まり,みんなが見守る中を,ウミガメの赤ちゃんたちは元気よく手足を動かして,大海原へと帰って行きました。

0819_009.jpg

「また帰ってきてね〜」子供たちの声援を受けながら,海へと向かっていくウミガメの赤ちゃんたち・・。大きくなったらまた,この海岸に帰ってきて欲しいですね。

0819_012.jpg

posted by 南種子町立茎南小学校 at 17:25| Comment(0) | 行事の様子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: